PI Foundation

地域開発とCSRへの取り組みに専念するため、2012年に信託してPI財団を設立致しました。 私たちの主な活動地域は、当社工場近隣のコミュニティ、農業における最新の科学的進歩をお伝えしててい全国の農業コミュニティになります。

PI理事会のCSR理念に沿って、PI財団は何年にもわたっていくつかの地域の地域発展に取り組んで参りました。


水に関係するプロジェクト

農業用水保全に繋がる改善活動のために、 PI基金は、政策立案者、業界団体、農業大学、NGO、イネ直播栽培(DSR)技術を有する農作業者と緊密に協力しています。イネ直播栽培(DSR)は、節水効果に非常に優れているとされています。 農業はインドの水資源の85%以上を使用しており、稲作向けに農業用水の約半分が使われています。 環境にやさしい特性を持つDSRは、従来の一般的な稲作生産の潜在的な代替の方法と考えられています。 「1粒の種で、より多くの作物」というDSR技術は、この貴重な資源を節約する大きな可能性を秘めています。こうした活動の結果 675,000ヘクタール超の稲作がDSRに変更され、 毎年3550億ガロン以上の水を節約しています。

+ EXPAND

地域住民の健康管理

地域巡回する健康管理ユニット : PI財団は、地域巡回する3つの医療ユニットを通じて "SWASTHYA Seva"運動を推進してきました 。 主な目的は、ジャンブザール Talukaの60の遠隔の村に住む10万人以上の地域住民に「予防医療」、「医療啓発」および「治癒サービス」を提供することです。毎月平均して、巡回車両1台で巡回地域の2100人超の患者様にサービスを提供してまいりました。 このプロジェクトは、GVK、EMRIとの提携の下に実施されています。 地域巡回車両による医療サービスの拡大は、当社工場周辺のCSR活動の主活動になります。 高齢者、女性、子供を含めたすべての住民に地域巡回車両の提供するサービスが役立っております。 その結果、巡回地域の住民の医療支出は大幅に軽減されました。 PIの地域巡回車両の提供する医療サービスの導入以前、人々は長距離の通院に多くの時間とお金を費やしただけでなく、違法な医療関係者のサービスに頼らねばならず、低レベルの医療行為に甘んじていました。

+ EXPAND

公衆衛生と衛生設備

PI財団は、インド政府のSwachh Bharat Abhiyanプログラムに積極的に参加し、企業の社会的責任(CSR)の一環として、家庭及び学校、特に女性向けトイレの提供に優先して取り組んでいます。 主に、当社の工場のあるAnkleshwarとJambusarを中心に取り組んでおります。

この活動により、PI財団は、ジャンブザール TalukaのSarod村とNondhana村、Ankleshwar TalukaのSanjali村の公衆衛生度の低い地域に、PPPモデルの559台のトイレを設置することに貢献しました。 私たちの活動は、農村地域の公衆衛生を改善し、Nirmal Bharat Abhiyanのビジョンを達成に向けて貢献し、ジャンブザール工場、パノリ工場周辺の村落における生活の質は総体的に改善しました。

+ EXPAND

教育

教育は、私たちの工場周辺のすべての村におけるエントリーポイント活動です。 PI財団は、教育が市民の全体的な成長に重要で欠かせないものと認識しています。 PI財団は、周囲の学校とのギャップを踏まえて、児童の就学、授業への出席、教育の質を向上させる支援活動を行っております。 財団はまた、教育委員会が子どもの総合的な成長に取り組むことを奨励しております。

様々な学校設備の整備に向けた私たちの支援により、児童はより高次元の教育を享受できるようになります。

+ EXPAND

女性の社会進出

女性の社会進出プログラムは、ジャンブザールの15の村落で、自立を目指すグループに参加する2500名超の女性を対象に、経済的、人的サポート、起業・就業機会の発掘方法、そして伝統的な生活を豊かにする方法に触れることによって、「起業家精神」への目覚めとそのための技能向上を目指しています。このプログラムは、自立を目指すグループの設立、銀行口座の開設、社内貸付および100%の貸付返済、銀行との連帯活動 等に効果的でした。 また、女性が権利保護と給付金制度を活用するために政府機関と関わるしくみを作成しました。 プロジェクトの主目的は、収入を得るためのスキル、資本を準備して新しい事業を立ち上げ、事業継続し、一定規模の財務基盤を構築できるスキルを開発することです。 このプログラムは、2500人を超える女性会員にプラスの経済効果をもたらし、5000人を超える会員の家族も間接的に効果を享受しました。

+ EXPAND

持続可能な農業

DSR技術の推進: PI財団は、イネ直播栽培(DSR)技術に関する政策立案者、業界団体、大学、NGO、農民の認識を高めております。DSR技術は、灌漑・エネルギー・水資源・労働力に関係する費用を25-30%削減する効果があります。土壌の気孔率改善や炭素排出の削減という利点に加えて、この農法は1ヘクタール当たり5,000ルピーの節減効果をもたらします。     PI財団は、農家へのDSR技術の紹介と普及促進のために、州立農業大学、州政府の農業担当部門およびNGOと積極的に協力しています。 その結果、DSR技術によって60万ヘクタール以上で栽培され、毎年 1兆3000億リットル (13億立方メートル) 以上の水を節約しました。

+ EXPAND

能力開発

農業技術開発: PI財団は、農村部の青少年に職業訓練の機会を提供し、雇用の可能性を高めるために、Andhra Pradesh州、Telangana州、Karnataka州の政府機関および専門機関と基本合意書を締結しました。 設立初年度には、すでに高等教育を修了していた農村出身の青少年120名が、座学と実地訓練 両方の授業 45日間を地元で修了しました。 農業従事者が遭遇する幅広い内容を網羅する特別なカリキュラムは、土地、水およびその他の利用可能な資源を有効に活用して生産性を向上する農業技術を磨くことに重点を置いてパッケージ化されています。 訓練を受けた若者全員がプログラムを無事終了しました。 現在、他州で同様の技能開発プログラムを実施しています。

+ EXPAND

CSRを通じた従業員の関わり

PI財団の各種プログラムへの関わりを通じて、社会貢献を志願するスタッフや仲間の関心は高まっています。

+ EXPAND

Top reasons to invest in PI:

Enjoys track record of stellar performance in terms of quantity, quality and on-time deliveries.

An important global partner with leading innovator agro chemical companies and MNCs

A rich pipeline of high quality crop protection products for farmers in the agrochemicals industry, crucial for India’s food security

Ethical, fair and driven by Trust, Adaptability, Speed and Innovation

Respects product patents, safety, health and environment