CSR Policy

  • 当社のCSRのポリシーは、社会的価値を創造し、人々のニーズに応える包括的な社会発展を目指しております。
  • 当社のCSRによって、大衆が科学技術によって生じる革新のメリットを享受できることに重点を置いてまいります。
  • 当社の目標は、業績拡大が社会的、環境的に「持続可能な社会」に繋がることです。
  • 当社のCSR活動の対象は、地域社会の恵まれない、不利な立場にある、貧しい、不遇な階層の方々です。
  • 当社は、社内的弱者や地域から疎外された住民が持続可能的により高い収入を得てより良い生活を営むことができるように、当社の工場周辺や事業所周辺の地域社会の社会経済開発活動に参加致します。
  • 当社は、CSR活動を通して、安全な飲料水、公衆衛生、衛生設備などの基本的な社会環境整備に貢献致します。
  • 私たちは(国連の)ミレニアム開発目標を達成するために地域社会を重点的に支援致します。
  • 私たちは恵まれない地域住民の皆様に職業訓練や技能研修を通して持続可能な生活の選択肢を提供に努めます。
  • 私たちは、教育・訓練を促し、特権階級に満たない若者、学生や農家の雇用促進、職業技能普及を推進致します。
  • 我々は、貧困撲滅、農業生産性の向上、食糧安全保障を可能にするプログラムを推進致します。
  • 私たちは、社会的、経済的に恵まれない方々が直面する不平等を軽減する活動を推進致します。
  • 私たちは、環境の持続可能性と限りある天然資源の保全を実現するプロジェクトに取り組んでいきます。 大規模な節水を推進致します。
  • 我々は、マイクロ規模および小規模な製造能力の立ち上げを推進致します。
  • 私たちは農村開発プロジェクトに積極的に参加致します。中でも 農村部の社会環境整備に重点的に取り組みます。遠隔教育センター、Krishi Mitra Kendras / 農業指導サービス、農村地区BPO、一般的サービスセンター(CSC)/コミュニティセンター、技能開発センター、プライマリヘルスセンターの採用、、村道の整備、街路灯、支流開発活動、水域の復興、灌漑・貯水設備などが挙げられます。
  • 当社は、政府の開発プログラム・取り組みを支援・補完致します。

政府開発プロジェクトの実行のあり方

  • 当社は、当社が当事者としてまたは財団、或いはCSRの規定を満たした実施機関を通じて、開発プロジェクトに参加および活動致します。
  • PI財団は、プロジェクト活動の際に当社のCSR委員会と緊密に連携致します。
  • 必要に応じて、当社は官民共同体参加プログラムの活動を行います。.
  • 開発活動のパートナーは、NGO、農業生産者団体、州立大学、政府機関、地方行政機関、村議会、商工会議所、地元の団体/コミュニティ、そして社会階層の底辺の方々です。
  • すべてのCSRプロジェクトは、プロジェクト/プログラムの形態で行われます。
  • 当社のCSRプロジェクトには、
    • ニーズに基づく評価/現況調査/研究調査
    • 明確なスケジュール計画
    • 年次の予算配分
    • 明確な目標設定
    • 明瞭に特定され、測定可能な目標/着地点
    • 堅実かつ定期的なレビューと監視
    • 第三者機関(見込)による評価



Top reasons to invest in PI:

Enjoys track record of stellar performance in terms of quantity, quality and on-time deliveries.

An important global partner with leading innovator agro chemical companies and MNCs

A rich pipeline of high quality crop protection products for farmers in the agrochemicals industry, crucial for India’s food security

Ethical, fair and driven by Trust, Adaptability, Speed and Innovation

Respects product patents, safety, health and environment