Care and support in the times of COVID-19. Explore PI Initiatives. Click here

Infrastructure

研究開発ラボ(R&D)

  • 200人以上のスタッフが在籍。合成プロセス化学者150人、分析化学者30人、その他サポートスタッフ。
  • 幅広い化学反応に対応したオンライン機器を備えた24の研究室
  • 幅広い温度(マイナス70〜300℃)および高圧に対応可能な反応設備
  • NMR、GC-MS、HPLC、GC、IRおよびUV分光光度計、LC-MS、400Mhz NMR、ICPなどの分析機器
  • 完全に文書化された品質システムとISO 17025認証の分析手順
  • 2万点超の定期刊行物、書籍を網羅した社内ライブラリー。STN、Sci-finderなどの検索サービスの活用。
  • 研究室向け機器 - N2、AIR、真空ポンプ、Cl2&H2対応機器
  • プロセス安全装置:DSC、TSU
  • 自動化されたジャケット型反応装置のリアルタイムデータ機能

キロ単位の試作(キロ・ラボ)

  • 24時間体制で施設を管理するための有資格のエンジニアチーム。
  • 反応機器を柔軟に運用し、迅速な切り替えが可能。
  • 溶剤等のリサイクル可能な蒸留設備
  • 低温、高温、低圧および高圧条件の反応に対応可能。
  • 遠心分離機、真空乾燥機などの固体処理機器。

設備内容

反応機器 5〜100LtrのMOC-ガラス、ガラスライニング、SS-316
Reaction Assemblies の数量 12
低温反応: 最低温度マイナス70℃まで
高温反応: 高温300℃まで
蒸留カラム: 30プレート (理論値)
水素化オートクレーブ 50 L(MOC:SS 316)まで25 Bar
高圧反応のセットアップ 最大5 L、100 bar圧力用に設計されたモジュラーファシリティ、Scadaソフトウェアで完全自動化

パイロット・プラント

  • 高圧低温を含めた様々な反応を行う設備を完備
  • 結晶化、ろ過、減圧蒸留、連続蒸留、エバポレーションなどの工程プロセスが可能
  • 24時間体制で施設を管理するための有資格エンジニアチーム。
  • 機材・設備内容:
装置 容量
原子炉
SS-316 450 Ltrs〜1500 L
MSGL 450 Ltrs〜2000 L
水素化オートクレーブ 最大20リットルの圧力で設計された250 L
高圧反応のセットアップ 最大100 L、100 bar圧力用に設計されたモジュラーファシリティ、Scadaソフトウェアで完全自動化
分留アセンブリ(MOC SS-316) 最大30プレート
遠心分離機 50 Kg(MOC:SS 316およびHalarライニング)
攪拌ナスチクフィルター 0.25平方メートル & 1平方メートル
ロータリー真空乾燥機 50kgと500kg
薄膜蒸発装置(MOC SS 316) 0.25平方メートル

商業生産プラント

  • 最先端の統合型製造設備をグジャラート州の3か所、パノリ-I(9万平方メートル)、パノリ-II(16万平方メートル)、ジャンブサール(JMB:20万平方メートル)に保有。
  • ジャンブサールにおける全ての製造エリアでは、Foundation Fieldbus(FF)とリモート入力/出力(RIO)のDCS自動プラント最新技術を導入済み。横河(日本)とTurck(ドイツ)を組み合わせたDCS設備は、現在アジアで最大。
  • 当社の工場は、品質管理のISO 9001:2000、環境管理のISO 14001、労働安全衛生システムのOHSAS 18001の認証を取得済み。製造現場では、グリーン・ケミストリー賞、品質と安全性に関するゴールデン・ピーコック賞、グリーン・エクセレンス賞、省エネルギー賞など様々な政府機関や民間機関から数々の賞を受賞。
  • 当社は持続可能な発展に最優先で取り組むことを公約。また公約実現のために、ジャンブサール、パノリに最先端のEHSシステムや設備を導入済み。サイトには、回転キルン式焼却炉 、気体廃棄物焼却のためのFume焼却炉、MEE、ETP、STP、ROおよび集塵器など数多く設置、全てインド環境基準に準拠。
  • ラジャースターン州ウダイプルにある研究開発センター(R&Dセンター)は、最新の機械と設備を備え、毎年多くの新製品を製造する当社工場を常にサポート。
  • 当社製造設備のQA及びEHSシステムは世界中の多くの多国籍企業様(お客様及びこれからのお客様)から定期的に監査。
  • 合成プロセス開発センターおよびコマーシャル向け工場の分析研究所は、ISO 17025およびGLP認証を取得。

設備能力

主なプロセス機能リスト:

  • パノリ、ジャンブサール両工場ともに、フルオート制御された体制で、最高レベルの安全性を担保した水素反応の設備。インド有数の設備で、水素化反応を8回同時に行うことが可能。
  • Mg金属を用いたグリニャール、Na金属を用いたダルツェンス縮合反応、シアン化ナトリウムを用いたシアノ化反応、液化塩素或いは塩化チオニル、塩化スルフリル、ドライ塩化水素等の試薬を用いたクロル化、大量の供給能力を有するブロム化等の主な化学反応は、最先端の技術で最高水準の安全性を確保しつつ各工場の数多くの区域で対応。
  • 専用貯蔵施設からのイソブチレン圧縮ガスを使用したアルキル化を、ジャンブサールおよびパノリ工場の両施設では完全自動化モードで実行。
  • 専用貯蔵タンクの液体アンモニアを使用したアミノ化を、最高レベルに自動化された製法でジャンブサール工場にて対応。
  • 高圧空気酸化と各種触媒反応が定期的に製造所の複数の区域で行われ、特許を取得した有効成分を製造。

主要装置・容量:

装置 説明 容量
SS-316リアクター ジャケット型/Limpete/ディンプル 2 m3〜32 m3
SS-316オートクレーブ Limpete 1.7 m3~6 m3
MSGLリアクター ジャケット型 2.5 m3〜32 m3
SS:904Lリアクター Limpeted 10m3
ハステロイ製リアクター Limpeted 6.3 m3〜25 m3
蒸留システム 50段まで(理論値) 分画カラム
攪拌式吸引ろ過機のフィルター SS-316、HCライニング 2.5 m2〜8.0 m2
遠心分離機 SS、SS-テフロン裏打ち 48"〜60"
ロータリー真空乾燥機 SS-316 3.0m3〜7.5m3
ワイプドフィルムエバポレーター SS-316,904Lの裏地付き 1.5 m2~5.0 m2
撹拌式薄膜エバポレーター SS-316 2.5m2〜7.5m2
パンドライヤー SS-316 8.0m2
ZMS SS-316 100-800 LPH
各種溶剤貯蔵設備 SS-316 / MS 25Kl~100Kl
臭素貯蔵 MSGLタンク 100 Mt 容量
イソブチレン貯蔵施設 SS-316タンク 40KL 容量
液体アンモニア貯蔵 MSタンク 20KL 容量
各種ガス貯蔵設備 塩素、MMA、フロンなど数トン  各10-12トンを保存可

主設備:容量

ユーティリティ 容量
自家発電能力 5200 Kva
冷却塔 13300 TR
塩水冷却プラント 1250 TR (-15 ͦ C)
  525 TR (-35 ͦ C)
冷却水プラント 1500 TR (7 ͦ C)
冷却温度 5℃まで
蒸気 40 MT/hr
ホットオイルシステム 600 mCal/hr
窒素 1200 NM3/hr



Top reasons to invest in PI:

Enjoys track record of stellar performance in terms of quantity, quality and on-time deliveries.

An important global partner with leading innovator agro chemical companies and MNCs

A rich pipeline of high quality crop protection products for farmers in the agrochemicals industry, crucial for India’s food security

Ethical, fair and driven by Trust, Adaptability, Speed and Innovation

Respects product patents, safety, health and environment